• 47都道府県の婚活事情
  • 婚活サービス業者一覧
  • 婚活の種類
  • 未婚の息子・娘の代りに代理婚活ガイド
婚活サミット » 47都道府県の婚活事情 » 徳島の婚活情報と結婚相談所を徹底リサーチ

徳島

徳島っ子ってこんな感じ!

江戸時代には、当時高級品だった藍の生産地として栄え「金が入れば、それを元に一儲けを企てる」と称されたほど、要領が良いと有名だった徳島県民。しかし、藍染が衰退し化学染料が主流になったことで、県内各地に貧富の差が生まれました。時代の波に翻弄された過去があったため、今のような保守的で堅実な性格に変化したと言われています。
そんな徳島県民を語るうえでハズせないのが「阿波踊り」。400年以上の歴史を持ち、県民の生活は阿波踊りを中心にまわっていると言っても過言ではありません。その並々ならぬ熱意の炎は、夏を待たずに点火!春にはすでに近所から練習する音が聞こえ、祭りの終了(8月15日)と共に、県民の夏も終わります。祭りの4日間だけは、いつも静寂に包まれている町が大いに盛況するとか。運動会や結婚式でもたびたび登場する、徳島県民のアイデンティティーとも言える踊りです。
「~するじょ~」と語尾にじょをつけるなど独特の言い回しがある阿波弁ですが、「方言の可愛さが自慢の県ランキング」では、京都や福岡をぬいて堂々の第1位に輝いています。徳島県民はみんな阿波弁が大好きなんじょ~♪他県の人も「今、なんしょん?」なんて聞かれた日には、もれなく心を奪われてしまうので要注意。大阪とも交流が盛んだったため関西弁に近いですが、もうちょっと柔らかくてカワイイ印象です。

徳島ってこんな場所

県内の80%を山に囲まれ、全国清流NO.1に選ばれた「吉野川」、世界一の大きさを誇る「千年サンゴ」、世界三大土柱の一つである「泡の土柱」など自然豊かな徳島県。県民以外には名前しか知られていないことがしばしばですが「鳴門の渦」や「すだちの名産地」など、魅力あふれる多い県ですね。一時日本最古の前方後円墳発見か!?と騒がれた(その後弥生時代終末期のものと判明)萩原墳墓群もあり、「邪馬台国は四国にあった!?」などと歴史ミステリーファンの心を鷲掴みにした県でもあります。
徳島県は比較的温暖な気候ですが、北部と南部で気候に大きな違いが見られるのも特徴的。北部は年間を通して降水量が少ない瀬戸内海式気候、対照的に南部は降水量の多い太平洋側気候に属しています。山が多いので夏は涼しく過ごしやすいですが、山間部の西側に行くほど気温が低くなり降雪・積雪もあるようです。さらに湿度の変動も大きく、春や秋には湿度が1%にまで下がるそうです。

徳島女子が絶対に譲れない、結婚相手に望む条件

「ムダなお金を使わない」「勝てる勝負しか手をださない」と評されるほど慎重な徳島県民。結婚するうえで重視されるのも、やはり「堅実性」です。県内人気職業ランキングのトップに君臨するのは、もちろん公務員。浪費癖のある男性は、お話になりません。「女性社長率NO.1」を誇る徳島の女性は、家庭に入れば、家事も仕事もソツなくこなす、理想の妻になるここと間違いナシ。とにかく活動的な女性が多いので、自分を支えてくれる、優しい包容力のあるタイプの男性も人気です。

徳島人の男女は、こんなアプローチに弱い!?

何度でも諦めずに、アプローチする姿勢が吉

ちょっぴり気が強いですが、明るくしっかりした女性の多い徳島。活発で元気な女性が多いのですが、疑り深いところもあるので要注意。徳島女性をものにしたいなら「本気」を見せなければなりません。とにかく真剣なんだという熱意を伝えましょう!!プレゼント攻撃も有効です。

主導権を握らせて、おだてまくれ!

照れ屋で真面目、優しいのが特徴な徳島男性。気の強い女性に囲まれ育ったためか、好きなタイプは「従順な女性」という人が多いようです。そのため、初めから積極的にアプローチしすぎるのはNG。3歩下がって歩くような、男性を立てる姿をアピールするのが効果的です!

徳島出身の有名人

哀川翔(俳優)

生年月日:1961年5月24日
出身地:徳島県徳島市

アンジェラ・アキ(歌手)

生年月日:1977年9月15日
出身地:徳島県徳島市

山下リオ(タレント)

生年月日:1992年10月10日
出身地:徳島県徳島市

徳島県に多い職業と平均年収

30年以上前から、着実に人気を伸ばす第3次産業

経済産業省のデータでは、県内労働者の20%が「卸売・小売業」に就職しています。広大な山々に囲まれながら、瀬戸内海や太平洋にも面している徳島。椎茸やわかめなどの特産品も多く生産しているため、生産者だけでなく卸売業への就職者も多いようですね。県内の産業の60%以上を第3次産業が担っており、公務員や医療関係の仕事も人気が高い職種です。

平均年収443万円!安定志向で堅実な徳島県民

徳島県の平均年収は全国21位の443万円。決して高くはないですが、安定した金額で推移していて、堅実な県民性が年収の数字にも表れています。「思いがけない収入が入ったら、迷わず貯金する」といわれるほどの倹約家で、預金額残高ランキングは全国3位!

徳島の婚活スポット

県のほとんどが山という、多くの自然に囲まれた徳島県。都会では味わえない、広大な自然を満喫できるスポットが多いです。「緊張しすぎて何を話していいかわからない…!」というドキドキの初デートから「そろそろ普通のデートに飽きちゃった」という頃におすすめしたいマンネリ解消デートまで、2人の距離をさらに近づけるデートスポットを大公開!

■奥祖谷二重かずら橋(おくいやにじゅうかずらばし)(三好市)

徳島県三好市の祖谷川(いやがわ)にかかる2つの吊り橋。周りを大自然に囲まれ、橋からの景色は圧巻!!…のはずですが、景色を楽しむ余裕はないかもしれません。横木とつるで作られた昔ながらの吊り橋は、1人歩くだけで激しく揺れ動き、思わずしがみつく手すりも頼りないという、スリル満点のデートスポットです。心拍数急上昇で“リアル吊り橋効果”で、2人の距離も急接近すること間違いナシ!

■奥祖谷(おくいや)観光周遊モノレール(三好市)

奥祖谷(おくいや)の大自然を味わいながら、2人だけの時間をたっぷり楽しみたいカップルにはこれでしょう!全長4.6km、乗車時間65分と、まるで遊園地のアトラクションのような世界最長のモノレールです。これに乗れば、日本三大秘境で知られる祖谷の景色を、ゆ~っくりと満喫できちゃいますよ。全車2人乗りなのはいいのですが、初デートでまだ緊張がほぐれないカップルには、ちょっとハードルが高いかも?秋の紅葉シーズンにも絶景が楽しめますが、行楽シーズンは並んだりチケットが売り切れたりするので要注意。

■大塚国際美術館(鳴門市)

広さ・入館料・満足度、すべてにおいてトップクラスの美術館!「モナリザ」や「最後の晩餐(ばんさん)」など、誰もが一度は目にしたことがある世界の名画が一堂に介しています。すべてレプリカですが、「陶板名画」といって陶器の大きな板に原画に忠実な色彩や大きさで作品を再現したものなので色やサイズは本物そのまま!さえぎるロープがないので近距離でじっくり鑑賞できるのも魅力的です。美術館なら「会話が続かない…」と気まずくなることもないので、初々しいカップルにおすすめです!

■うだつの町並み(美馬市)

まるで江戸時代にタイムスリップ!?「うだつが上がらない」の語源ともなり、かつて藍染で栄えた脇町の様子を今でも体感することができるスポットです。重要な伝統的建造物として国から指定された建物が、カフェや本屋さんに改装され建ち並んでいます。カップルでまったり落ち着いた時間を過ごすことができますよ。夕暮れになると、行灯(あんどん)風の街灯が町を包み込み、これまた幻想的!

■眉山(びざん)(徳島市)

古くから徳島市のシンボルとして愛されている「眉山(びざん)」。展望台から見る四国NO.1の夜景、永遠の愛を誓ってかける南京錠など、ロマンチックなデートを楽しめること間違いなしのデートスポットです。春のお花見、夏の阿波踊り、秋の月見に冬の雪景色など、季節によって表情も変わるので、四季折々の徳島を堪能できる観光名所です。

■大川原高原(佐那河内村)

アジサイの名所として、県内で最も有名なスポット「大川原高原」。見ごろである6月末~7月中旬には、約30,000株のアジサイがあたり一面に咲きほこります。徳島市内から1時間とアクセスも便利です。夏場でも涼しいところがうれしいポイント!しかし、アジサイだけではありません。日が沈んだあとには、きらきらと輝く星たちが空いっぱいに広がります。都会では見られない天の川に、2人でうっとりしちゃいましょう♪

徳島の【結婚式あるある】

古くから続く嫁入りの風習がいまだに残る、徳島の結婚式

【和装で挨拶まわりをする「初歩き」という風習】

時代が進み徐々になくなりつつありますが、徳島の伝統的な風習に「初歩き」というものがあります。花嫁が嫁入りの朝、白無垢で新郎の家に向かい、勝手口から入ります。そして新郎の両親に挨拶し、ご先祖様に結婚を報告します。その後、色打掛に着替えて、姑と一緒にお嫁さんのお披露目のため、近所に挨拶まわりを行ないます。その際に配られる「花嫁菓子」(柔らかいおせんべい)は、結婚式の引き出物になったり、式場で新郎新婦から手渡されたりもするようです。

【余興はやっぱり阿波踊り!】

披露宴の余興として根強い人気を誇るのは、やはり阿波踊り。太鼓に笛、衣装まで一切、手は抜きません!!最後に参列者と新郎新婦も「踊らにゃソンソン!」と一緒になって踊り狂う…というパターンがよくあるそうです。徳島の結婚式は、これがないとイマイチ盛り上がらないのだとか。

徳島県の結婚相談所 一覧

結婚相談所

EMI(イーエムアイ)結婚相談所

http://www.nmt.ne.jp/~emiko/kekkon/

所在地

徳島県板野郡藍住町徳命字元村134-3

営業時間

11:00~19:00 ※完全予約制

電話番号

088-692-3381
090-8693-4021(携帯)

地域密着型が魅力の結婚相談所「EMI」。藍住店以外にも県内に3店舗展開していて、徳島在住の人を中心に婚活のサポートを行っています。カウンセラーの代表が「兄を結婚させたい」との思いから相談所を設立して26年、数多くの成婚カップルを誕生させた実績の持ち主です。徳島での結婚を考えるなら、この相談所はハズせません!

結婚相談所

結婚相談所 オーネット徳島支社

http://onet.rakuten.co.jp/branch/
shikoku/tokushima/tokushima.html

所在地

徳島県徳島市八百屋町3-15 サンコーポ徳島ビル 3F

営業時間

10:00~

定休日

火曜日、金曜日

電話番号

050-5840-8884

全国展開している大手の結婚相談所「楽天オーネット」。業界トップクラスを誇る会員数はなんと4万人以上にのぼります。徳島支店は、徳島駅から徒歩5分とアクセスが大変便利なので会社帰りに立ち寄れるのが◎ 毎月開催されるひらかれる、テーマ豊富な婚活パーティーで成婚した方が多くみられました。

結婚相談所

MARRIAGE ASSISIT-RINGO(マリッジ アシスト リンゴ)

http://ma-ringo.com/

所在地

徳島県徳島市助任橋3-22-4 ヘイワビル 701

営業時間

平日/10:00~19:00 土日/12:00~18:00

電話番号

088-625-0039

結婚相談所「りんご」の所長、“かなバア”は、バツイチ子持ち&お見合い失敗経験80回!! そんな壮絶な過去を経て、幸せな結婚生活を手にしました。その経験をもとに、できるだけ早く結婚できるよう、親身なサポートが受けられます。ときには厳しい意見もありますが、それだけ真剣に向き合ってくれている証拠と考えればよいでしょう。

結婚相談所

ACNET(エーシーネット)

http://acnet.org/

所在地

徳島県徳島市東沖洲1-1-4 マリンピア沖洲

営業時間

9:00~21:00

電話番号

088-683-6161

厳しい入会審査が設けられている結婚相談所ACNET(エーシーネット)には、ハイクラスな男性会員が集まっています。徳島を中心に、高知や香川などのホテルやサロンで開催されている、婚活パーティーが好評です。20人程度のものから、100人以上集まる大人数のものまで規模もさまざま。自分から積極的に活動したい人にピッタリの結婚相談所です。

結婚相談所

ハロー・マイウェディング事務局

http://hello-my-wedding.com/

所在地

徳島県徳島市万代町2-4 ブライダルプアンニング内

営業時間

10:00~19:00

定休日

水曜日 ※祝日の場合は開店

電話番号

088-656-6767

徳島で60年ブライダル業界をリードしてきた、ときわグループが運営をおこなう「ハロー・マイウェディング」。同グループが提供している、貸衣装のドレスや結婚式場も利用できるのでお得です! 結婚相手を探すところから結婚式までワンストップでサービスが受けられるので、効率的な婚活ができる結婚相談所です。

結婚相談所

しあわせキューピット

http://www.bridal.gr.jp/shiawase-cupid/

所在地

徳島県吉野川市川島町栞村638-18

営業時間

平日/9:00~17:00 土日・祝/予約のみ受付

電話番号

0883-25-5547
090-3782-0839(携帯)※休日対応可

「しあわせキューピット」のモットーは、アットホームで親切丁寧なカウンセリング。人の手を介する昔ながらのお見合い相手の紹介を徹底しています。サポートも手厚く、平日はもちろんのこと、土日・祝日も相談OK! 会員目線のサービスを提供してくれて、その上入会金や月会費はリーズナブルなので、婚活初心者さんにおすすめです。