全国婚活なび » 47都道府県の婚活事情 » 青森

青森っ子ってこんな感じ!

寒さの厳しさが影響しているのか、粘り強い努力家が多いとされる青森県民。もともと津軽地方と南部地方の2つの地域に分かれていたのですが、一般に南部の人は引っ込み思案の人が多く、津軽の人はにぎやかで強引なタイプが多いとされています。ただ、共通しているのは「じょっぱり」(強情っぱり)といわれる気質。まじめで誠実、がんばりやさんの反面、シャイで不器用だったり、引っ込み思案だったりするようです。恋愛でも奥手なタイプが多いといわれているようですね。

青森ってこんな場所

毎年8月の2日から7日に開催されるねぶた祭りは大勢のハネトとねぶた囃とともに、大きな山車が練り歩く日本有数の壮大なお祭りですが、「青森人の1年はねぶたとともにある」ともいわれ、国の重要無形民俗文化財に指定されているこの祭りを誇りとしています。
また縄文文化が長く続いたため遺跡も多く、三内丸山遺跡など縄文遺跡群があることで世界的に有名です。
日本で初めてユネスコ世界遺産に登録された白神山地などの山々と豊かな海とに囲まれ“食材の宝庫”と呼ばれる青森県ですが、特に有名なのはりんごと大間のマグロ。知る人ぞ知る「青森魚菜センター」では、新鮮な魚介類を安い値段で食べることができ、一度行ったらもう青森以外には住めないと人に言わせるほどだそうです。

青森女子が絶対に譲れない、結婚相手に望む条件

東部の女性は内助の功を重んじる

青森県東部(南部地方)の女性は、引っ込み思案な人が多く、現実主義で高望みをあまりしません。夫が出稼ぎで働く家庭が比較的多く、男性の苦労を知っているからかもしれません。家庭を支える堅実なタイプの女性が多いので、結婚相手としては申し分ないでしょう。

西部の女性は情熱的でロマンチスト

西部(津軽地方)の女性の多くはロマンチストで情熱家。こと対人関係においても積極的で基本的に姉御肌なので、母性本能をくすぐられるような男性には弱い傾向にあるようです。真面目だけが取り柄であまり経済力がない、というような男性でも受け入れてもらえるかも!?

青森県の男女は、こんなアプローチに弱い!?

東部の女性には少し強めなアプローチを

東部の女性はガードが堅く、親しくなるのに時間がかかります。ですが、押しに弱い面もありますので、気になる方がいればどんどんデートに誘いましょう。でも、ただしタイミングを間違ってしまうと嫌われてしまうので、強引になりすぎないように気をつけて。

西部の女性には不器用男子がベスト!?

どこか放っておけないところのある男性に、西部の女性は母性本能をくすぐられてしまいます。たとえば、ものすごく不器用でなにをやってもうまくいかないけれど、どんなことにも一生懸命にチャレンジする男性などは、西部女性のハートをわしづかみにします。

東部の男性は奥手シャイな人が多い

見かけよりも内面を重視する東部男子。照れ屋で社交辞令が言えない東部男子は、恋愛に発展するまで時間がかかってしまうシャイボーイが多いので、女性のほうからも積極的にアプローチをしてみましょう。草食系男子が大好きなあなたにオススメのタイプです!

西部の男子はじょっぱりに要注意

西部の男子も自分からは積極的にいくのが苦手ですが、東部に比べると積極的なところもあります。ただじょっぱりな性格が邪魔をして、心にもないことを言ったり、そっけない態度を取ったりするので、彼の本心がどこにあるのか注意深く観察しないとうまくいかないかも。

青森県出身の有名人

松山ケンイチ(俳優)

生年月日:1985年3月5日
出身地:青森県むつ市

新井浩文(俳優)

生年月日:1979年1月18日
出身地:青森県弘前市

新山千春(女優、タレント)

生年月日:1981年1月14日
出身地:青森県青森市

青森県に多い職業と平均年収

新卒者からの根強い人気「卸売り・小売業」

青森では、豊かな自然を活かした職業ともいえる農業や漁業が盛んですが、生産者よりも卸売業のほうが人気はあるようです。また、高齢化も進んでいるため、地域に密着した医療・福祉業で働く方も増えています。

平均年収352万円とやや低め…だけど物価が安い!

金額だけみると少ないように感じますが、裏をかえせば、この収入でも充分に暮らしていけるくらい物価が安いので、共働きの場合は平均的な暮らしよりちょっぴりいい暮らしができます。エンゲル係数が低ければ、それだけほかのものにお金を回せるので結婚生活にはプラスとなるでしょう。

青森県の婚活スポット

美しい森と海に囲まれた青森県。しかし、楽しめるのは大自然だけと思ったら大間違い!全国的に有名なねぶた祭りから、他県の人は聞いたことのない穴場スポットまでいろいろな魅力があります。実際に行ってみなければわからないことも多いので、一度行ってみてはいかがでしょうか。

青森県観光物産館アスパム(青森市)

正三角形の建物、それが“青森県観光物産館アスパム”。高さは約76mで、現在青森県で一番高い建物です。ねぶた祭りシーズンにはなんとアスパムの裏にねぶた小屋ができます。せっかく行くなら、ねぶた祭りが開催される8月2日から7日の間がオススメ!

小和田湖国立公園(とわだここくりつこうえん)(十和田市)

「とわだに来い!恋!」のキャッチフレーズでおなじみの“十和田湖国立公園”。御前ヶ浜に建つ「おとめ像」は、あの高村光太郎の傑作で、十和田湖のシンボルです。美しい自然と美味しい食べ物で、多くの観光客を魅了しています。季節によってボート・登山・スキーなどいろんな体験ができるのが魅力です。

国際芸術センター青森(青森市)

森に囲まれた地に突如すがたを表すモダンアートな建造物、それが“国際芸術センター青森”。芸術体験はもちろん、国内外のアーティストが一定期間滞在する「アーティスト・イン・レジデンス」という独自のプログラムを展開しているため、アーティスト本人と交流が図れる場所でもあります。普通のスポットとは違うところに行きたい、というあなたにオススメの場所です。

ねぶたの家 ワ・ラッセ(青森市)

近代的なオブジェに包まれた、建物の青森市文化観光交流施設・ねぶたの家ワ・ラッセ。ここさえ行けば、ねぶた祭りの魅力を50%くらいは知ることができますよ。「えっ、100%じゃないの?」と思われたそこのあなた。残りの50%は、実際にねぶた祭りで体感しましょう。一生に一度は行って参加したいお祭りのひとつですね!

青森の【結婚式あるある】

意外と知られていない!? 驚きの青森披露宴事情

【東側と西側でしきたりが違う!?】

そのむかし青森県は、南部藩(東側)・津軽藩(西側)と全く違う文化の地域としてそれぞれ成立していました。そのため同じ県でも住む人の性格や言葉だけでなく、結婚式のしきたりも違っていましたが、今では徐々にその風習もなくなってきているようです。

【結婚式に会員制!?】

結婚式の招待状に会費の金額が記載されているので、一瞬戸惑ってしまう方もいるかもしれません。青森では結婚式のじつに9割が、この会費制という独特な形式で行なわれます。受付で会費とご祝儀を別々に支払うことが多いようですが、合計すると全国の平均的な金額になるのでご安心下さい。また引き出物がお菓子の詰め合わせだけということもあるほど、かなり控えめな品物であることが多いようです。

青森県の結婚相談所 一覧

結婚相談所

結婚相談所ノッツェ 青森支店

http://www.nozze.com/access/list/4.php

所在地

青森県青森市新町1-3-7 アウガ3F

営業時間

平日/11:00~21:00 土日祝/10:00~21:00

定休日

火曜日・水曜日

電話番号

017-721-5370

結婚相談所ノッツェ青森支店はJR青森駅から徒歩1分のところにある結婚相談所。駅の近くなので車でなくとも行けるのがうれしいですね。多くの会員数と大手ならではの情報量を活かし、成婚までの道のりを専門のアドバイザーが親身にサポートします。

結婚相談所

サチアール

http://www.sachir.jp/

所在地

青森県八戸市多賀台2-5-6

営業時間

10:00~

定休日

日曜日 ※土曜日不定休

電話番号

017-832-7888

カオナシのコスプレで津軽三味線を弾く人がYouTubeで話題となっている八戸(関係ない話ですが…)にある地域密着型の結婚相談所サチアール。お見合いイベントや恋活パーティーを頻繁に行っており、ホームページ上で会員のプロフィールを見ることが可能。40代や50代、離婚歴がある方に対しても、入会から成婚まできちんと手厚くサポートしてくれます。

結婚相談所

LinkS(リンクス)

http://www.links-aomori.co.jp/

所在地

青森県弘前市大町三丁目10-7

営業時間

10:00~12:00 13:00~19:00

定休日

毎週水曜日、第1・第3・第5 土・日曜日

電話番号

0172-88-7014

全国の結婚相談所1,198社が加盟する日本結婚相談所連盟に所属しているLinkS。各加盟相談所に所属する会員は58,000名以上もいます。大勢の会員の中から加盟相談所の仲人カウンセラーが成婚へのサポートをしてくれますよ。

あなたの県は入ってる?全国なんでも婚活ランキング