• 47都道府県の婚活事情
  • 婚活サービス業者一覧
  • 婚活の種類
  • 未婚の息子・娘の代りに代理婚活ガイド
婚活サミット » 全国婚活ランキング

結婚するなら何県の人がいい?全国婚活ランキング発表~!

「この人とは合わないな…」「付き合いにくそう」と感じる人に、生まれた土地や育った場所を聞くと、合わないと感じた理由が見えてきませんか?県民性の違いを理解すると、対人関係がスムーズにいくといわれるように、エリアによって違う結婚観や婚活に対する意識を知れば、婚活がスムーズに進むかもしれません。

そこで、婚活や結婚をテーマに都道府県別に格付けをしてみました!その地域ならではの婚活事情も紐解いています。旦那さんにするなら何県が1位?お嫁さんにしたい県№1はどこ!?

結婚しやすい県ランキング

1位:福井県

持ち前の行動力を発揮して、結婚相手をゲットする福井おんな

結婚しやすい県1位の福井県の婚活スポット出雲大社福井分院

50歳の時点で結婚をしていない女性の割合が、全国でいちばん低いのが福井県。気が強く負けず嫌いといわれる福井県の女性は、恋愛にも積極的。しっかり者で、自分の意志をしっかり持っているため、持ち前の行動力を発揮し、結婚したい!と思える相手に対しても積極果敢に攻めるようです。相手のリアクションを確認することも怠らないきめ細やかさ、過去の相手を引きずらない要領のよさも兼ね備えています。計画的に行動するため、結婚後は地に足のついた堅実な家庭を築くことができるでしょう。

福井県のパワースポットと言えば「出雲大社福井分院」です。平成元年に福井分院に昇格となり、島根県出雲大社の北陸唯一の分院として、設立50年を迎えました。出雲の神様である大黒様は、縁結びの神様と言われており、人と人との出会いや、良い物との出会いなどさまざまな縁を結んでくれます。参拝に行けば運命の人との出会いだけではなく、人生を幸福にできるかもしれません。

一方、結婚しやすい県男性部門の1位は奈良県。普段はのんびり屋さんですが、恋愛に関しては積極的。大らかで包容力のある性格で、安心感を抱きやすいことも奈良男子の特徴です。

結婚しやすい県ワースト1位は「東京都」

日本で1番人口が多い東京都が、結婚しやすいランキングで最下位という意外な結果に。人が多いぶん、出会いはたくさんあるはずなのに、最下位ということは結婚まで至るケースは少ないといえます。アジアにおけるビジネスの拠点ということもあり、結婚よりも仕事を優先する人が多い!?

20代婚の多い都道府県ランキング

1位:山口県

恋愛は慎重派だけど、運命を感じたら即アピール!で20代のうちにゴールイン

厚生労働省から発表された、結婚した平均年齢がいちばん若いのが山口県。社交的で人情味のあるの山口の女性は、流行に敏感で、興味あることにはすぐ飛びつく傾向が。細かいことは気にしない、広い心を持った女性が多いです。そんな山口県の女性は、恋愛に対して慎重。相手の人となりをじっくりと分析し、「この人!」と感じると、素早い行動と真剣な自己アピールで恋愛をスタートさせる傾向に。真面目で常に結婚を意識しているので、20代のうちにゴールインする女性が多いのかもしれません。結婚後も明るい家庭を築きます。

山口県の人気デートスポットとして知られているのが「角島」。日本海に浮かぶ小さな島で、人口は約900人あまり。2000年に完成した角島大橋により、山口県の代表的な観光スポットなりました。角島の魅力はなんと言っても白い砂浜とエメラルドグリーンの海。南国の海と錯覚してしまうような光景を見ながら、ドライブデートを楽しむことができますよ。

20代婚が多い県ワースト1位は「東京都」

男女共に初婚年齢が最下位なのが東京都。30代で初婚を迎える人が多い東京都では、20代のうちにバリバリ仕事をして、キャリアを積みたい!という女性や、 「安定した収入が得られるようになってから結婚」という考えの男性が多く、20代で結婚する人が少ないのかもしれませんね。

離婚率の高い都道府県ランキング

1位:沖縄県

なんくるないさ~精神で、感情や状況の流れで離婚を決意!?

ハートロック

沖縄県民はとにかく楽観的なので、時間やルールなど細かいことを気にしない傾向があります。そのため感情や状況に流されやすく、「なんくるないさ」精神で考えるより先に行動してしまい離婚するカップルが多いのかもしれません。加えて、離婚に対して理解のあるエリアであること、男性よりも女性のほうが仕事を頑張るので、男性に頼らずたくましく生きていける、と離婚に踏み切る女性が多いのでしょう。

沖縄県のおすすめデートスポットといえば「古宇利島」。本島北部に位置し、エメラルドグリーンの海に囲まれた小さな島です。2005年に古宇利大橋が開通し、車で行ける離島となりました。橋を渡る際は、うちなーんちゅ(沖縄人)も絶賛するほど、透明度の高い海の横を車で走り抜けられます。島の北側にあるティーヌ浜には「ハートロック」と言われるハート型の岩があり、カップルに人気のスポットです。

離婚をしない夫婦が多い県は「山形県」

離婚率が低い都道府県を挙げてみると、1位が山形県、2位が新潟県、3位が富山県となっています。3県の共通することは、雪国であること。寒さを耐え抜く忍耐強さが、夫婦間に亀裂が生じにくいのでしょう。また、水害や雪害、地震などの天災が多いため、家族間の結びつきが強いことも離婚率が低い理由かもしれません。

結婚相談所が多い県ランキング

1位:東京都

最も結婚相談所が多い都道府県は、やはり大都会東京!

東京大神宮

結婚しにくい県1位の東京は、婚活しなければ結婚できないエリア。それだけに、結婚したくてもできない男女の婚活をサポートする結婚相談所が191社も存在します。これだけ多くの結婚相談所があるには、東京都民が持つ特有のこだわりやプライドの高さがあります。

東京男性は、何事もスマートに対応する淡白で受け身タイプ。相手とある一定の距離感を保ち、自分のテリトリーを大切にするのが特徴です。カッコよさを追求するため、貯金は少ない傾向に。一方で、東京女性、気が強くてプライドが高い。「カッコ悪い」「ダサい」と思うことからは距離を置きます。頭の回転が早く、知的であることにこだわりを持っています。

男女ともに相手に経済力を求め、自分を受け入れてほしいという体質であるため、折り合いをつけてくれる第三者からのサポートは必須という背景が、東京に結婚相談所が多い理由かもしれません。

東京のパワースポットとして有名なのが、飯田駅から徒歩5分の場所にある「東京大神宮」です。「東京のお伊勢さま」の愛称で親しまれ、格式高い「東京5社」のひとつ。神前結婚式を初めて行ったとされる、縁結びの神社です。東京で人気急上昇中である「恋のパワースポット」で、縁結びのご利益を授かってみてはいかがですか?

結婚相談所の少ない県は婚活サイトを利用

人口の少ない都道府県の中には、結婚相談所が少ない傾向にあります。多くの人が婚活サイトを利用しているようです。結婚相談所が少ないエリアでは、地方自治体が婚活支援サービスにチカラを入れているようです。