• 47都道府県の婚活事情
  • 婚活サービス業者一覧
  • 婚活の種類
  • 未婚の息子・娘の代りに代理婚活ガイド

街コン

街コンとは…

商店会や商工会議所、果ては自治体が会場を提供する大型の合コンイベントです。大勢の人が参加するので、趣味や考え方が合う人に出会う確率が高いことが特徴。
会場となる飲食店の料理を目当てに参加する人もいるようです。また、町おこしの一環としても考えられているため、開催される地域の特性も垣間見えることも。
ここではそんな街コンへの参加をおすすめしたい人の傾向を紹介しています。

街コンに向く人・向かない人

向く人

01.

人との出会いを楽しめる人
街コンは参加者数が100人を超えることが当たり前。初対面の方とでも気軽に話せて、楽しい時間を過ごせる人はどんなタイプの街コンに参加しても有意義な時間を過ごせるでしょう。異業種の人と話すチャンスは中々ないので、興味深い話が聞けることも!

02.

お酒や料理が美味しいお店が好きな人
地域にある様々な飲食店をいくつも渡り歩いて料理を楽しめる、昼間から堂々とお酒が飲めるのも街コンの魅力。カフェやグルメがテーマの街コンも多く、素敵な出会い+美味しいお店探しの一貫として参加する方もいます。

03.

異性との出会いばかりを求めていない人
街コンは異性・同性問わず様々な出会いがあります。婚活と気張らずに純粋に楽しむことで、同世代の友人や気の合う飲み仲間が見つかることも多いです。そこから恋愛・結婚に発展する事もあるので、全ての出会いは大切にしましょう!

向かない人

01.

開催エリアから自宅が遠い人
もし素敵な出会いがあったとしても初めから遠距離恋愛になってしまうケースだと、お付き合いのハードルがかなり高いです。街コンを選ぶ際は、自分がアクセスしやすい都市で開催されているものにしておきましょう。

02.

お酒の席や盛り上がる雰囲気が苦手な人
街コンはワイワイガヤガヤしながら盛り上がるもの。賑やかな雰囲気や軽いノリが苦手な方には、居るだけで苦しく感じてしまう場かもしれません。そういった方は少人数・個室のパーティーなどを選択したほうが無難です。

03.

今すぐに結婚したい人
大型コンパでの出会いがすぐ恋愛や結婚に発展するのは稀で、ほとんどは仲間や友達からのスロースタートとなります。街コンの場で結婚願望を話しても「重過ぎる」と引かれてしまう事が多いのでご注意ください。

おすすめ

街コン3選

ピーク時よりは減ったとはいえ、まだまだ多くの街コンが全国各地で開催されています。では、それらの中からどのように、参加したい街コンを選べばよいのでしょうか。
一つは、商店会や商工会議所からの情報を見ることが挙げられます。街コンには結婚促進の他に、地域振興も期待されているので、協賛団体や会場となる飲食店に問い合わせてみるといいでしょう。
もう一つは、街コンの情報を豊富に扱うサイトを見ることです。ここでは全国各地の街コン情報を扱っている3つのサイトを紹介します。

まちコンポータル

「まちコンポータル」公式サイト

全国の街コンを無料で掲載している、街コン初のポータルサイト。開催地や日程、その他条件を指定してのイベント検索が可能。
2015年1月には東京ドームを会場とした1万人参加の街コンを開催したことでも知られています。
公共・公益団体と共催した街コンが多いことも特徴です。

街コンまとめ

「街コンまとめ」公式サイト

首都圏を中心に、全国の街コン情報が集約されています。
特定のテーマに特化した街コンの開催情報も幅広く集めていて、テーマ別の街コン探しにピッタリ。
人数や年齢、時間など細かい検索や、エリア別開催情報のメール配信などもあります。

街コンジャパン

「街コンジャパン」公式サイト

全国各地の街コン開催情報を掲載している、街コン公式サイト。
日付、開催地、キーワードでの検索ができる他、運営者オススメのイベントもピックアップされています。
人気イベントの特集ページやイベント内容のレポートも読めるので、雰囲気を掴みやすいです。