• 47都道府県の婚活事情
  • 婚活サービス業者一覧
  • 婚活の種類
  • 未婚の息子・娘の代りに代理婚活ガイド

子連れ再婚

子連れの再婚は難しい?

結婚相手として、「離婚歴はあってもいいけれど、子供がいるのはちょっと……」と子供がいる独身者を避ける方が多数派。結婚相談所や婚活パーティでも、「子連れ」という条件がネックになってしまうこともあります。
それでも、子連れの再婚に成功している人もいるのです。
子連れ再婚は、自分の都合だけではなく相手の異性とお子さんへの配慮が成功のポイントです。

シングルファーザーの再婚

シングルファーザーの再婚は、相手の女性に思いやりを持つことがポイントです。

01.

子育ての不安をケアする

子育て経験がない女性や、未婚の女性の場合、子供を育てることに不安を持つはずです。
小さい子供や反抗期のお子さんに限らず、新しい母親に反感を持つお子さんもいるでしょう。
再婚相手に母親としての役割を強く望むことは、相手の女性にストレスを与えてしまう可能性があるのです。
出会ってすぐに相手の女性に母親としての役割を望むのは、女性にとってもお子さんにとっても負担になります。

02.

相手の女性の生活スタイルに理解を示す

女性は、「母親になりたい」「妻になりたい」と思って結婚を望むわけではありません。
結婚しても仕事を続けたいという女性もいます。
子育てや家事を任せたいから結婚したいという自分の都合ばかりを優先するのではなく、相手の女性の希望にもきちんと耳を傾け、理解を示す姿勢が大切です。

03.

再婚のタイミングを考える

お子さんのことを考えると、再婚のタイミングも大切です。お子さんの性格や年齢、そして両親の離婚をどのように考えているのかという点をよく考え、本当に今が再婚のタイミングかどうかを考えましょう。

シングルマザーの再婚

シングルマザーの婚活は、シングルファーザーと比べて成功しやすいと言われています。

01.

子供がいることを積極的にアピール

子供がいることは、決して婚活の不利にはなりません。
初めから子供がいることをアピールして、家族になってくれる男性を探しましょう。
あなたが子供がいることを分かった上で、結婚を前提とした付き合いを考えてくれる男性は、子供好き。
相手の男性がバツイチの場合、前の奥さんとの間に子供ができなかったり、子供と別居をしている可能性もあるのです。

02.

別れた夫の悪口を言わない

離婚後、一人でお子さんを育ててきたシングルマザーは長い間苦労をしてきたはずです。つい子育てについて愚痴ったり、別れた夫への不満などを、自分の子供や出会った男性に話してしまいがちです。
しかし、後ろ向きの発言ばかりする女性に、男性は魅力を感じるでしょうか。また、元夫はお子さんにとって父親です。父親の悪口を言われることで、子供を傷つけてしまうかもしれません。

03.

子育てを楽しむ女性は魅力的

子供を大切にし、子育てを楽しんでいる女性は、男性から見てとても魅力的です。
シングルマザーの婚活にとって、お子さんがいることは決してマイナスではないのです。子供がいたおかげで良い出会いに恵まれた、女性として成長ができたという気持ちで、前向きに婚活をしましょう。

あなたの住む地域は?47都道府県の婚活事情まとめ