• 47都道府県の婚活事情
  • 婚活サービス業者一覧
  • 婚活の種類
  • 未婚の息子・娘の代りに代理婚活ガイド

シニア(60歳以上)

シニア世代が婚活しやすい理由

元気で若々しいシニア世代が多い昨今。経験豊富なシニア世代の中には、離婚や死別など、さまざまな事情からおひとりになった人もいます。そこで増えているのが、新たなパートナーを見つけるため「シニア婚活」。
実は、シニア世代には婚活にうってつけな条件が揃っています。仕事を早期・定年退職された人は、時間やお金に余裕があるため婚活に集中しやすいです。また、豊富な人生経験の中で人を見る目を養ってきたため、理想の相手を見つけ出す力を持っています。結婚観や相手に求める条件がまとまっている人も多く、短期間で結果を出しやすいようです。
また、生涯未婚率が増加傾向にある現代では、結婚歴のないシニア世代が婚活するケースも増えています。若い頃はパートナーの必要性を感じなかった人でも、自由な時間が増えるにつれ「そばに居てくれる存在」を望むことも。かつては、世間体が気になり、新たな出会いを探すことをためらうシニア世代が多くいました。しかし今では「残りの人生をより良いものにしたい!」と考える前向きな人が増え、シニア世代の婚活が活発になっています。

シニア世代と若い世代では婚活への意識が違う?

若い世代の多くが家庭を持つために婚活する一方、シニア世代が婚活を行う目的は、人それぞれです。60年近い人生を通して、仕事や子育てなど多くの経験を培ってきたシニア世代。
酸いも甘いも知っている今、婚活で見つけたいのは、結婚相手だけだとは限りません。恋人や、異性の友人といった「LIKE」に近い交際相手を求める人も多いです。とくに、離婚や死別を経験していると、お子さんや財産分与、お墓の問題から結婚が難しい場合もあります。そのため「結婚したい」「パートナーを見つけるだけでいい」など、自分の希望に合わせて婚活方法を選ぶシニア世代が多いようです。
おひとりの生活に寂しさを覚えつつも「結婚」に抱くイメージが若い頃と同じなために、立ち止まっている人もいるでしょう。シニア世代にとってのパートナーは幅広く、探す方法もさまざまです。明るくにぎやかな毎日を送るべく、婚活を始めてみませんか。

シニア世代におすすめの婚活方法

01.

結婚相談所

結婚を前提としたお付き合いを求めているなら、結婚相談所がおすすめ。最近ではシニア世代を対象とした専門プランを設けている結婚相談所も多いです。シニア専門プランの多くは、標準的なプランと比べて料金が低く設定されています。おトクに婚活できるのは、シニア世代の特権かもしれませんね。
シニア婚活の場合、自分のライフプランだけでなく、子どもや親族との関係も考えて相手を選ぶ必要があります。介護や住む場所の問題も関わってくるため、年齢や趣味といった大まかなプロフィールだけでは、相手探しが難しいことも。結婚相談所では、カウンセラーが希望を聞いて、ぴったりの相手を紹介してくれます。
また、離婚歴や死別した経験など特別な事情を抱える人が多いシニア世代は、婚活に悩み、立ち止まることも。そんな時、婚活のプロであるカウンセラーに相談すると、的確なアドバイスで背中を押してくれますよ。

02.

婚活パーティー

婚活パーティーとは、一度に複数の異性と出会える、効率的な婚活方法。若い世代だけでなく、シニア婚活においても、人気が高いです。また、直接顔を合わせ、言葉を交わすことで、相手との相性を確かめられますよ。
婚活パーティーには、着座形式とイベント形式があります。自分に合った形式を選ぶのが、シニア婚活を制するコツです。
着座形式では、落ち着いた雰囲気の中、椅子に座りながら1人ひとりとお話しできます。シニア限定のパーティーも多いので、同世代との出会いを求める人にぴったりです。アウトドアが好きな人におすすめなのが、イベント形式の婚活パーティー。旅行やアクティビティーを楽しみながら同じ趣味を持つ人と出会えますよ。

03.

婚活サイト

現代の婚活では、婚活サイトを通じて相手を探す「ネット婚活」が人気です。
インターネットが普及した現代では、シニア世代の中にもネットやSNSを使いこなす人が多くいます。ネット婚活では「50代以上」「シニア限定」など、条件で相手を絞りやすいため、同世代と出会いたい人は活動しやすいです。スマホやPCを使って婚活できるので、気軽に始められます。
しかも、必要な費用が少ないため、最もリーズナブルな婚活方法なのです!日ごろからネットを楽しんでいるなら、婚活サイトを利用してみてはいかがでしょうか。

シニア婚活を成功させる3つの心構え

01.

答えを急がない

シニア世代には「残りの時間は短い」と不安に感じている人が多いです。そのため、短期間で相手を見つけようと、必要以上に焦ってしまう人もいます。
しかし、これまでの長い人生で確立させた自分の生活スタイルや行動を他人とすり合わせるのは、至難の業。どちらか一方が相手の生活に合わせようとしても、上手くいきません。だからこそ、相手を知り、自分を知ってもらうための時間が必要なのです。焦らず、ゆっくり頑張りましょう。

02.

相手との関係を柔軟に考える

シニア世代には、子どもや親族との関係もあって籍を入れるのが難しい場合も。しかし、周りに反対されたからといって、結婚を諦めるのはもったいないです。難しい事情を抱えている人は、「結婚」へのイメージを少し変えてみましょう。
最近のシニア婚では、自分たちに合ったスタイルを、自由に選択するケースが増えています。籍を入れない事実婚や、別々の住まいを持つ通い婚など、夫婦のカタチはさまざま。シニア婚活を始める前に、新たなパートナーとどのような生活を送りたいか考えてみましょう。

03.

相手探しでは広い視野を持つ

婚活において「パートナーはどんな人がいいか」希望条件を持つのは大切です。しかし、細かい希望が多すぎると選択肢の幅が狭くなり、いつまで経っても出会えない可能性があります。
シニア世代の場合、子どもの有無や離婚歴、収入など、相手の条件でマイナスに感じられる部分が多いかもしれません。しかし、過去の失敗や重ねてきたものがあるからこそ、今の相手が存在するのです。相手に求めるばかりではなく、相手の全てを受け入れる懐の深さが、シニア婚活を制するコツ。マイナスに思える部分も含め、総合的に相手の人柄を見るのが大切ですよ。

熟年再婚・熟年結婚のメリット

01.

失敗があるからこそ幸せな再婚ができる

ずっと独身でいた熟年再婚者にとって、パートナーがそばにいるという安心感は大きいものです。
かつてパートナーがいた人は、離婚するまではその寂しさを知らなかったかもしれません。人は失ってみて初めて、その大切さやありがたさに気付くもの。
失った寂しさを経験したことのある人であれば、もう二度と大切な相手を失いたくないと、再婚相手を大切にしてくれるはずです。
お互いにもう離婚したくないという強い思いを持ち、結婚がうまくいくことが多いのです。

02.

相手に寛大になれる

もちろん離婚直後は、相手が悪いと責める人もいるかと思います。それでも、離婚から時間が経つと、だんだんと自分にも悪いところがあったのではないかと考える人もいるはずです。
もっと相手に優しくすればよかった、寛大になればよかったと、反省する人も多くいます。
離婚のみならず、さまざまな人生経験を重ねてきた熟年者たちは、他人に寛大になれるものです。若い頃は未熟でうまくいかなかった結婚生活も、年齢を重ねたことによる心の変化によって、今度はうまくいくということもあります。

最近の熟年再婚・熟年結婚の広まりもあり、シニア向けの結婚相談所や婚活パーティーなど、出会いの場も広がってきています。

あなたの住む地域は?47都道府県の婚活事情まとめ